Now Loading...

閉じる

TIS株式会社によるシード出資決定。VRを使ったリハビリテーション支援ビジネス展開を加速化。

VR(バーチャルリアリティ)によるリハビリテーション支援で運動機能とQOL(生活の質:Quality of Life)の向上を目指す = PR TIMES

silvereye株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:汲田 宏司、以下 silvereye)は、TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下 TIS)のベンチャー企業への投資を行う「コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)」からの出資により、開発を進めているVRを使ったリハビリテーション支援ソリューション『RehaVR』の展開を加速化いたします。
【本事業の背景】
平成27年に実施された障害者への生活実態調査からの推計によると、身体障害者は全国で約436万人*1。そのうちの74%が65歳以上とされ、超高齢化社会が進む日本においてその数は増加傾向にあります。また、平成26年の患者調査によると、脳卒中を含む脳血管疾患の治療および経過観察で通院している患者数だけでも約117万人と推計されています*2。これまで以上に予後のリハビリテーションニーズの高まりを受けている医療介護の現場では、効率のよいリハビリプログラムとともに、患者それぞれの生活の質(QOL:Quality of Life)を中心にした取り組みが求められています。これを受け、私たちはVRプラットホームの提供とVR/AR開発案件のノウハウを元に、「より継続できるトレーニング」をコンセプトにしたリハビリテーション支援を提供すべく準備を進めており、今回の出資により施設向けVRトレーニングソリューション「RehaVR」の開発を加速化いたします。

今すぐお申し込み